ロンドン外為:ユーロ反発、緩和策の効果に関するECB総裁発言で

2日のロンドン外国為替市場ではユーロが上昇。欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁が景気刺激措置の効果はまだ完全に実感されていないと示唆したことに反応し、それまでの下げを埋めた。

  ロンドン時間午後1時51分現在のユーロは0.1%上昇の1ユーロ=1.1197ドル。一時は5月24日以来の高値を付ける場面もあった。

原題:Euro Rises as Draghi Says Full Effects of Easing Yet to Be Felt(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE