中国本土の投資家、香港株買い急ぐ-元安や景気見通し悪化に対応

中国本土の投資家が約1年ぶりのハイペースで香港株を買い入れている。人民元下落や本土経済の見通し悪化への対応だ。

  ブルームバーグ集計のデータによれば、香港と上海の証券取引所接続を通じた本土側の香港株買越額が5月に219億元(約3600億円)と、2015年4月以来の高水準に達した。

  UBSグループの陸文傑ストラテジスト(上海在勤)は「短期的な現象ではない。元下落は恐らく数年続くだろう。本土投資家の対外資産へのエクスポージャーが現在、非常に小さいという背景もある」と述べた。

原題:Chinese Traders Can’t Get Enough Hong Kong Stocks as Yuan Falls(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE