中国株:上海総合指数、約1カ月ぶり高値-貴州茅台酒が上場来高値

更新日時
  • 生活関連銘柄やテクノロジー株が上げをけん引
  • 香港市場のH株指数、ハンセン指数も上昇

2日の中国株式相場は上昇。上海総合指数がほぼ1カ月ぶりの高値を付けた。生活関連銘柄やテクノロジー株が買われた。

  上海総合指数は前日比0.4%高の2925.23で引けた。終値ベースで5月5日以来の高値。取引の大半が前日終値を挟んだ展開となったが、終了間際の15分間に上げ足を速めた。CSI300指数は前日比0.2%高で終了。

  酒造会社の貴州茅台酒(600519 CH)は上場来高値を更新。家電メーカーの美的集団(ミデア・グループ、000333 CH)は下落。ドイツ政府は同社による産業用ロボットメーカー、独クーカ(KUKA)の買収阻止を探っている。

  旭方投資管理のパートナー、王晨氏(上海在勤)は2日前の「大きな上昇の後、株式相場は値固めが必要だ」と指摘。「もみ合いが当面続く可能性がある」と予想した。 

  香港市場では、中国本土株で構成するハンセン中国企業株(H株)指数が前日比0.6%高、ハンセン指数は0.5%高で引けた。

原題:China Stocks Rise to Highest in a Month as Consumer Shares Gain(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE