コンテンツにスキップする

豪当局、ナショナルオーストラリアへの民事訴訟手続き開始へ-関係者

  • ASICは豪州の指標金利操作めぐり手続き始める方針
  • ANZとウエストパック銀には既に同様の司法措置

オーストラリア証券投資委員会 (ASIC)は豪州の指標金利を操作したとしてナショナルオーストラリア銀行(NAB)に対し民事訴訟手続きを開始する方針だ。事情に詳しい関係者が明らかにした。

  豪州銀行間取引金利(バンクビル・スワップレート、BBSW)操作問題に関する3年余りのASICの調査で、こうした法的措置は3件目となる。BBSWはロンドン銀行間取引金利(LIBOR)の豪州版。

  NABの広報担当ミーガン・テルフォード氏は電話取材に対し、ASICの調査に同行は協力していると述べたが、係争中の案件に関するコメントは控えた。訴訟手続きが迫っていることを最初に報じた豪経済紙オーストラリアン・フィナンシャル・レビュー (AFR)によると、ASICが3日にも裁判所に陳述書を提出するもようだ。

  ASICは2012年半ばからBBSW設定について調査。これまでにオーストラリア・ニュージーランド銀行(ANZ)とウエストパック銀行に対して民事訴訟手続きを取っている。

原題:National Australia Said to Face Court Action in BBSW Probe(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE