AIGがユーロ建て債起債、ECBによる社債買い入れ見越し-関係者

米アメリカン・インターナショナル・グループ(AIG)など複数の企業がユーロ建て債券を発行している。借り入れコストがここ1年間での最低水準に近いことが後押している。

  公に話す立場にないとして匿名を条件に関係者が語ったところによると、AIGは7年債7億5000万ユーロ(約920億円)を起債。別の複数の関係者によると、フランスのパリ・ライン・ローヌ高速道路会社とポーランドの石油会社PKNオーレンもユーロ建てで起債した。

  量的緩和の一環として6月から欧州中央銀行(ECB)の債券買い入れ対象に社債も加えるとドラギ総裁が3月に発言して以降、借り入れコストは低下。ECBによる買い入れを見込み、5月の社債発行は月間ベースで過去2番目に多い570億ユーロに膨らんだ。

  ブルームバーグのデータによると、AIGが前回ユーロ建て債を発行したのは2012年。AIGに起債について取材を試みたが今のところコメントは得られていない。PKNオーレンとパリ・ライン・ローヌ高速道路会社からもこれまでのところコメントは得られていない。

原題:AIG Said to Sell Euro Bonds as ECB Corporate Bond Buying Nears(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE