NY金:反落、米自動車販売や中国指標受けプラチナとパラジウム安い

1日のニューヨーク貴金属市場ではパラジウムが下落。プラチナは過去7営業日で6日目の下げとなった。米自動車販売の減少や中国製造業指標の低迷を受けて、自動車の汚染防止装置に使用される両金属の需要をめぐる懸念が強まった。

  ハイ・リッジ・フューチャーズ(シカゴ)の金属取引担当ディレクタ ー、デービッド・メーガー氏は電話インタビューで、「中国発のこうした懸念が断続的に生じている」と指摘。「一般論として、それは商品市場にとって好ましくない」と述べた。

  ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のプラチナ先物7月限は前日比0.9%安の1オンス=971.90ドルで終了。パラジウム先物9月限は0.1%下げて546.75ドル。

  • ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物8月限は0.2%下落の1オンス=1214.70ドル
  • 銀先物は0.4%安の15.927ドル

原題:Platinum, Palladium Sag After U.S. Car Sales, China Factory Data(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE