JPモルガン:4-6月のトレーディング収入「10%台半ば」の伸びへ

米JPモルガン・チェースは、4-6月(第2四半期)のトレーディング収入について前年同期比で「10%台半ば」の伸びを見込んでいると、投資銀行部門トップのダニエル・ピント氏が明らかにした。

  ピント氏は1日、ニューヨークでの投資家会議で「1、2月は低調だったと説明したが、3月には勢いを取り戻した」と指摘。「その勢いは4、5月も続いている。債券分野では顧客の活動が活発さを増した。デリバティブを中心に株式では顧客の活動が若干軟化している」と続けた。

  その上で「まだあと1カ月あり、状況は変化し得る」とし、「現時点では、10%台半ばの伸びとなりそうだ」と語った。

原題:JPMorgan Sees Rebound for Trading Revenue in Second Quarter (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE