米ゴールドマン、投資銀行業務で数十人削減-関係者

更新日時
  • 対象はマネジングディレクターやエグゼクティブディレクター
  • ロンドンやニューヨーク、香港などで先月に実施

ゴールドマン・サックス・グループはここ数週間に、投資銀行業務を手掛けるバンカーを削減した。案件の減少に伴う調整だと事情に詳しい関係者が明らかにした。

  関係者が匿名を条件に述べたところによると、ゴールドマンは合併および債券・株式資本市場のチームでマネジングディレクターとエグゼクティブディレクター、バイスプレジデントを合わせて数十人削減した。ロンドンやニューヨーク、香港などで実施し、パフォーマンスが低いと見なされる従業員から年5%を間引きする通常の削減に上乗せするものだと関係者が説明した。

  ロイド・ブランクファイン最高経営責任者(CEO)はここ数年で最大規模のコスト削減に乗り出している。トレーディングと投資銀行業務の落ち込みに対応する狙いだと、関係者が4月に述べていた。1-3月(第1四半期)の60%減益などを引き金に、ゴールドマンは今年既にトレーディング部門の人員を削減した。

ゴールドマン・サックス本社

Photographer: John Taggart/Bloomberg

  ゴールドマンの広報担当者はコメントを控えた。

  2015年のM&A(企業の合併・買収)は記録的な活況を呈し、中でもゴールドマンは助言業務でシェア1位となった。ゴールドマンの投資銀行チームは同社4事業分野の中で利益に最も貢献をした。これに対し、今年はこれまでに完了したM&A案件が前年同期比で80%余り減少。株式の募集も約65%減っている。

原題:Goldman Sachs Said to Cut Dozens of Investment Banking Jobs (1)(抜粋)

(第5段落を追加します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE