米テスラCEO:「モデル3」ユーザーは充電スタンドの利用有料に

電気自動車(EV)メーカー、米テスラ・モーターズは既存モデルのオーナーに対し無料としている充電スタンド、スーパーチャージャーの使用料について、新型セダン「モデル3」では有料とする公算が大きい。イーロン・マスク最高経営責任者(CEO)が5月31日に明らかにした。

  マスクCEOは米カリフォルニア州マウンテンビューのコンピューター歴史博物館で開いた年次株主総会で、「無料のスーパーチャージャーにも基本的にコストはある」と指摘。「当然すべきことは、それをモデル3のコストから切り離すことだ。そうすることでモデル3での長距離走行は極めて安く、ガソリンよりはるかに安くなるが、パッケージを買わない限り、無期限で無料の長距離走行とはならない」と述べた。

  同CEOは消費者が負担するパッケージの費用の詳細には言及しなかった。現行の「モデルS」と「モデルX」のユーザーは世界に632カ所あるスーパーチャージャーを無料で使用できる。

原題:Musk Says It’s ‘Obvious’ Model 3 Owners to Pay for Superchargers(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE