ドイツ銀:ポストバンク売却で「創造的」な手法を検討-CEO

  • ポストバンクのIPOは現時点で魅力的ではないとCEO
  • クライアンCEOはニューヨークでの会議で発言した

ドイツ銀行のジョン・クライアン最高経営責任者(CEO)は5月31日、個人向け銀行部門ドイツ・ポストバンクの売却をめぐり、新規株式公開(IPO)計画を保留とし、「創造的」な解決策を検討していると述べた。

  同CEOはニューヨークでの会議で、「IPOを進めることも可能だが、残念ながら今は実施したくない。株主にとって魅力的な価格を得られるとは思えない」と説明。「市場の回復を望みながらも、部門売却でより創造的な手法を探っている。とにかくポストバンクは売りに出されている。ドイツのリテール銀行の買い手を知っていたら、教えてほしい」と話した。

  投資銀行業で欧州最大手のドイツ銀は投資家の信頼回復を目指し、ポストバンク売却と証券部門縮小を通じ資本水準と収益性を高める計画。

原題:Deutsche Bank Mulling ‘Creative’ Postbank Exit, Cryan Says (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE