コンテンツにスキップする

アキュセラ:情報漏えいの事実ない-試験結果公表前の株価急落で

更新日時

眼疾患治療薬の開発を専門とするバイオベンチャーのアキュセラ・インクの株価が臨床試験結果の公表前に急落していた問題で、同社は情報漏えいの事実はなかったとの認識を明らかにした。

  アキュセラ社では、ドライ型加齢黄斑変性治療薬「エミクススタト」の臨床試験で主要評価項目が目標を達成できなかったとの情報について、公表前に同社役職員が漏えいした事実はないことを確認したという。アキュセラの柏野裕美広報担当がブルームバーグの取材に答えた。

  日本取引所グループは、アキュセラ株が5月26日の試験結果公表の前日午後、突然ストップ安まで下落していたことから、インサイダー取引が行われた可能性があるとして調査に着手したことが27日までに関係者への取材で分かっている。同社株は1日の取引でも40%下落、6日連続でストップ安となり時価総額は約8割減少した。

アキュセラ株の推移

  アキュセラの柏野広報担当は、「情報漏えいがあったという事実はない。アキュセラ社は情報管理を徹底していて、役職員に対しての教育も十分行っている」と述べた。また、現時点で関係当局などから調査は受けておらず、問い合わせなどがあれば全面的に協力していくと語った。

(第3段落に株価動向を追加します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE