中国の自動車メーカーである上海汽車集団(SAICモーター)は、アリババ・グループ・ホールディングと開発したソフトウエアを搭載するスポーツ型多目的車(SUV)の発売に向けて詰めの作業を行っている。中国の大手2社が組んでコネクテッドカー事業に進出する。

  上海汽車の財務責任者の谷峰氏は電話インタビューに対し、発売は9月の予定で、インターネット接続機能を完全に備えた新たなカテゴリーの車は同社にとって初めてだと述べた。

  アリババは上海汽車との提携について、追加するコメントはないとしている。

原題:SAIC, Alibaba to Mark Chinese Foray Into Connected Cars With SUV(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE