メキシコ産銀王、資産評価額が今年1440億円膨らむ-銀価格上昇で

  • バイリェレス氏の資産評価額、ペニョーレス株上昇で増加
  • 米利上げ観測高まる中、銀と金の価格が上昇している

銀と金価格の回復を背景に、金属業界の有力者、アルベルト・バイリェレス氏の資産評価額が中南米の富豪のうちで最大の増加を示している。

  メキシコ2位の富豪であるバイリェレス氏の資産評価額は今年に入って13億ドル(約1440億円)増えた。同氏が株式を保有する採鉱会社インドゥストリアス・ペニョーレスフレスニーヨの株価が上昇したことが要因。バイリェレス氏の資産評価額は14%増え、中南米の富豪上位10人のうち最大の増加となっている。

  米利上げを見込み安全な投資先を求める投資家らが徐々に戻る中、3年連続で下落していた銀と金の価格は上昇に転じている。銀価格は、供給が減少する一方、太陽光パネルや携帯電話、薄型テレビなどの工業用需要が拡大するとの見方から一段と上昇している。

Alberto Bailleres

Photographer: Susana Gonzalez/Bloomberg

  JPモルガン・チェースのアナリスト、マンディープ・マニハニ氏は今月の顧客向けリポートで「当行は、メキシコの鉱業株のうち引き続きペニョーレスを選好している」と説明。業績の改善と金属価格上昇により「ペニョーレスは再び投資家に注目されている」と指摘した。

原題:Mexico’s Silver King Rides Metals Rebound to $1.3 Billion Gain(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE