野村のマシューズ氏が退社、欧州金利予想で首位エコノミスト-関係者

  • マシューズ氏はECBの預金金利予想で同率首位
  • マシューズ氏は先週退社と関係者

ノムラ・インターナショナル(ロンドン)で欧州経済調査責任者だったニック・マシューズ氏が退職したと、事情に詳しい関係者が明らかにした。

  関係者が匿名を条件に述べたところによると、マシューズ氏は先週野村を退職した。野村の広報担当者は同氏の在職についての質問に対し、コメントを控えた。マシューズ氏への連絡はついていない。同氏は野村の前にロイヤル・バンク・オブ・スコットランド・グループ(RBS)とバークレイズ・キャピタルに勤務した経歴がある。

  ブルームバーグがまとめる欧州中央銀行(ECB)預金金利予想のランキングで、野村はスタンダードチャータード、IHSグローバル・インサイト、BHFバンクと同率1位だった。リファイナンスオペの最低応札金利の予想では2位だった。

原題:Nomura Top-Ranked European Economist Matthews Said to Quit Bank(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE