マッコーリー:日本を含むアジアの株式部門で約30人を削減へ-関係者

  • 従業員に削減について伝えていると関係者
  • 香港と日本、インドが対象に

オーストラリアの投資銀行、マッコーリー・グループは、アジアの株式部門で約30人を削減する計画だ。取引高が落ち込む中で同業他社に追随する。事情に詳しい関係者が明らかにした。

  関係者が匿名を条件に述べたところによると、マッコーリーは27日に従業員への通知を開始した。削減数は同部門人員の約8%に相当する。対象国・地域は香港、日本、インドという。

  関係者2人によれば、香港在勤のアジア現物株セールス責任者のジェフリー・チュン氏も対象。

  野村ホールディングスやBNPパリバなどが今年に入りアジア株式事業の一部を縮小した。

  関係者によると、マッコーリーは1月以降にアジアで32人を採用。そのうち15人が香港、10人が日本での採用だったという。

原題:Macquarie Said to Plan Cutting About 30 Equities Jobs in Asia(抜粋)