インド株(終了):6日ぶり下落、買われ過ぎの見方浮上

31日のインド株式市場では指標のS&P・BSEセンセックスが6営業日ぶりに下落。指数を7カ月ぶり高値まで押し上げた連日の買いは企業業績に照らして行き過ぎとの見方が浮上した。

  製薬のサン・ファーマシューティカル・インダストリーズは利益がアナリスト予想に届かず10カ月で最大の下落。一方、高級車部門ジャガー・ランドローバーを持つタタ・モーターズは四半期利益が3倍に増え2013年9月以来の大幅な上昇となった。

  センセックスは前日比0.2%安の26667.96で引けた。

原題:Indian Stocks Decline as Rally to Seven-Month High Seen Overdone(抜粋)