ユーロ圏:5月インフレ率はマイナス0.1%-4カ月連続の物価下落

ユーロ圏の5月の消費者物価は4カ月連続で前年同月を下回った。欧州中央銀行(ECB)が繰り返し刺激策を打ち出してもインフレ回復が難しい状況が浮き彫りになった。

  欧州連合(EU)統計局(ユーロスタット)が31日発表したユーロ圏の5月の消費者物価指数(CPI)速報値は前年同月比0.1%低下し、ブルームバーグがまとめたエコノミスト調査の中央値と一致した。4月のインフレ率はマイナス0.2%だった。ユーロスタットの別の発表によれば、4月のユーロ圏失業率は10.2%。

  価格変動の大きい食品やエネルギーを除いた5月のコアインフレ率は0.8%、前月は0.7%だった。

  ECBはインフレ率を同中銀が目安とする2%弱に戻すためここ3年にわたり取り組んでいるが成果は挙がらず、非従来型の金融政策手段の効果を疑問視する声も出ている。ECBは6月2日に政策を決定する。

  ノルデア・マーケッツの欧州担当アナリスト、ホルガー・ザンテ氏は「インフレ率はECBの目標を大幅に下回っている。従ってECBは追加の緩和措置に含みを持たせるだろう。ドラギ総裁は追加緩和の可能性を示唆しながら成長は順調だと言わなければならず、会見で言葉を選ぶのに苦労するだろう」と話した。

原題:Euro-Area Inflation Rate Remains Negative as ECB Ponders Outlook(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE