中国のくしゃみ、深刻な風邪に苦しむ近隣経済-香港や台湾景気が低迷

  • 日本などに足を伸ばす本土の観光客が増加、かつてほど香港を訪れず
  • 台湾は中国ライバル企業との競争激化に直面、輸出も低調

中国経済が四半世紀ぶりの低成長となる中、近隣の香港やマカオ、台湾経済への影響は特に目立っている。

  1-3月(第1四半期)の香港とマカオ、台湾は軒並みマイナス成長だった。だが、悪いニュースはこれにとどまらない。

  「こうした波紋は一段と広がる公算が大きい」とHSBCホールディングスのアジア経済調査共同責任者、フレデリック・ニューマン氏(香港在勤)は話す。「中国経済の減速が続くのに伴い、同国は今後も世界経済の足かせ要因となるだろう。こうした過程ではインフレ圧力が抑えられ、金利も低水準にとどまる」との見方を示した。

  深圳や上海などの都市の発展に伴い、本土に通じる金融の玄関口としての香港の立場は後退してきた。一方、消費意欲が旺盛な本土の観光客はかつてほど香港を訪れなくなっており、日本やタイなどの国に足を伸ばしている。

  マカオでは中国の反腐敗運動による影響が根強く、4月のカジノ収入は1年11カ月連続で減少した。1-3月の域内総生産(GDP)は前年同期比13.3%減だった。

  台湾のテクノロジー関連メーカーは中国のライバル企業との競争が激しくなっている。最大の市場である中国の需要鈍化もあり、台湾にとってはダブルパンチとなっている。4月の輸出が1年3カ月連続で減少する一方、1-3月のGDPは前年同期比0.68%減だった。

原題:As China Sneezes, Those Closest are Catching the Worst Colds(抜粋)