マレーシア政府の投資会社1MDB、イスラム債の利払い実施

マレーシア政府の投資会社1マレーシア・デベロップメント(1MDB)がイスラム債の利払いを実施した。同社は先に別の証券に関し支払いを2回怠っていた。

  電子メールで配布された資料によれば、50億リンギット(約1350億円)の債券(表面利率5.75%、2039年償還)について、1MDBは予定されていた1億4380万リンギットの利払いを行った。

  アラブ首長国連邦(UAE)アブダビ首長国のインターナショナル・ペトロリアム・インベストメント(IPIC)との債務保証をめぐる対立で、1MDBはドル建て債の利払いを実施していなかった。

原題:1MDB Pays Coupon on Debt After Missing Two Interest Payments (1)(抜粋)