英投信アライアンス・トラスト、RITから非公式に合併の打診

英投資信託会社アライアンス・トラストは30日、ジェイコブ・ロスチャイルド氏率いる英同業RITキャピタル・パートナーズから非公式に合併の打診を受けたと発表した。

  アライアンス・トラストの発表資料によると、RITは詳細な条件を示しておらず、合併が実現するかどうかは不明だという。

  スコットランドのダンディーに本拠を置くアライアンス・トラストは「当社の取締役会は他の複数の選択肢を検討すると同時に、公式の合併提案がRTIからあれば戦略見直しに取り入れる」と指摘。「株主には何の行動も起こさず、取締役会の戦略再検討の結果を見極めるよう強く勧めている」と説明した。

  27日のロンドン市場でアライアンス・トラストの株価終値は508.5ペンスと、2月11日に付けた今年の安値から約13%上昇。時価総額は約26億ポンド(約4200億円)となっている。30日の英国市場は祝日のため休場だった。

  RITの関係者に30日に電話取材を試みたが、応答はなかった。

原題:Alliance Trust Says Rothschild’s RIT Made Informal Approach (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE