サウジアラビア:最大150億ドル相当の債券発行を検討-関係者

  • 7月のラマダン明け後にも起債か、実現すれば国際資本市場で同国初
  • カタールは先週90億ドルの起債に成功、応募が230億ドルに上る

サウジアラビアは年内に最大150億ドル(約1兆6600億円)相当の起債を検討している。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。実現すれば、国際資本市場における同国初の起債となる。カタールはこのほど、90億ドルの起債を成功させており、サウジを勇気付けているという。

  関係者が匿名を条件に述べたところによると、サウジは7月のラマダン明け後に100億-150億ドルを起債する可能性がある。償還期間はカタールと同様、5年、10年、30年が検討されている。最終決定はまだ下されておらず、協議はまだ予備段階だと関係者らは付け加えた。

  カタールが25日実施した90億ドル相当の起債では、230億ドル相当の応募があった。中東の債券発行としては過去最大規模だった。

原題:Saudi Arabia Said to Weigh Bond Sale of as Much as $15 Billion(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE