マカオ:1-3月GDPは13.3%減-7四半期連続のマイナス成長

マカオ経済は1-3月(第1四半期)に、7四半期連続のマイナス成長を記録した。カジノ収入の落ち込みが続いていることが響いた。

  マカオ当局が30日発表した1-3月期の域内総生産(GDP)は前年同期比13.3%減少。昨年10-12月(第4四半期)は同14.4%減だった。マカオはGDPの約3分の2をカジノ産業に依存するが、中国本土の景気減速と反腐敗運動の影響で、カジノ収入は4月に1年11カ月連続の前年割れとなった。

原題:Macau First Quarter GDP Contracts 13.3%, Hurt by Gambling Slump(抜粋)