5月30日の海外株式・債券・為替・商品市場

欧米市場の株式、債券、為替、商品相場は 次の通り。

◎ロンドン外為:円が下落、消費増税延期の見方で一時1カ月ぶり安値

30日のロンドン外国為替市場では円が下落。対ドルでは一時1カ月 ぶり安値を付けた。日本の消費増税延期が現実的になってきたことか ら、経済成長を維持する必要性が浮き彫りになった。

円は先進国通貨の中で下落率がトップ。ドルは前週末とほぼ変わら ず。イエレン米連邦準備制度理事会(FRB)議長は27日、政策金利の 引き上げが恐らく数カ月内に「適切になるだろう」と述べた。

商品先物取引委員会(CFTC)がまとめた最新のデータによる と、ヘッジファンドや運用担当者が建てているドルのロングポジション は昨年11月以来の大幅増加となり、4月に売り越しとなっていた持ち高 は買い越しへと転じた。この日のユーロ相場は上昇。5月のユーロ圏景 況感指数が2カ月連続で上昇したことが好感された。

コメルツ銀行の為替ストラテジスト、トゥ・ラン・ニュエン氏(フ ランクフルト在勤)は、「消費増税の延期が一段と明確になるにつれ て、円は下げた」と指摘。「ドルについては、イエレン議長が市場の観 測を確認した。つまり6月か7月の利上げが可能性が高いということ だ」と述べた。

ロンドン時間午後2時現在、円は0.8%下げて1ドル=111円17銭。 一時は4月28日以来の安値に下げる場面もあった。円は対ユーロでは 1%安い1ユーロ=123円85銭。ユーロは対ドルで0.3%上昇の1ユーロ =1.1138ドル。英国と米国はこの日、祝日で株式や債券市場などは休 場。

原題:Yen Falls on Tax-Delay Talk as Market Goes Long Dollar on Yellen(抜粋)

◎米国株:メモリアルデーの祝日で休場

◎米国債:メモリアルデーの祝日で休場

◎NY金:メモリアルデーの祝日で休場

◎NY原油:反発、リビア港湾近くで戦闘-焦点はOPEC総会

30日のニューヨーク原油先物市場ではウェスト・テキサス・インタ ーミディエート(WTI)先物が反発。リビア最大の原油積み出し港の 近くで戦闘が起きたことが影響した。6月2日にウィーンで石油輸出国 機構(OPEC)総会が開かれる。イラクのニマ副石油相は増産凍結の 可能性が討議されると述べた。

ターナー・メイソン(ダラス)のエグゼクティブ・バイス・プレジ デント、ジョン・アウアース氏は電話取材に対し、「世界中で起きてい るさまざまな供給障害が需給バランスに影響している」と指摘。「一種 の様子見パターンだ。45ドルと50ドルの間で綱引きが行われている」と 述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物7月限は午後 0時59分現在、前週末比27セント高い49.60ドル。一時は39セント上昇 し49.72ドルに達する場面もあった。この日はメモリアルデーで祝日の ため、清算なしにこの時間をもってトレードはいったん停止。ロンドン ICEのブレント7月限は44セント(0.9%)上昇の49.76ドル。

原題:Oil Rises as Libya Fighting Flares Up Before OPEC Meets (抜粋)

◎欧州株:小動き、米利上げの場合の影響に注目-米英祝日で商い薄い

30日の欧州株式相場は閑散小動き。投資家は早期の米利上げとなっ た場合の影響について理解しようしている。

指標のストックス欧州600指数は前週末比0.1%上昇の350.14。自動 車株をけん引役に一時は0.2%高となる場面もあった。米英の金融市場 が祝日で休場のため、出来高は30日平均を74%下回った。

イエレン米連邦準備制度理事会(FRB)議長は27日、数カ月内の 利上げの可能性を示唆した。LLBアセット・マネジメントの株式・債 券責任者、クリスチャン・ゾッグ氏は「現時点で市場には若干の楽観論 があるが、ここ数週間のセンチメントは暗く資金動向は大幅にマイナス だった」として、「幾分の反発は見られるが、英国民投票を控え、今後 数週間にどこまで行けるかは予断を許さない」と語った。

原題:European Stocks Little Changed as Investors Mull U.S. Rate Hike(抜粋)

◎欧州債:ドイツ国債が下落、米FRB議長が利上げ近いと示唆

30日の欧州債市場ではドイツ国債が下げを主導。米連邦準備制度理 事会(FRB)のイエレン議長が27日に早期の米利上げを示唆したこと に反応した。

イエレン議長は利上げ時期を特定はしなかったものの 、政策金利 の引き上げが恐らく数カ月内に「適切になるだろう」と述べた。先物市 場は6月14、15日の米連邦公開市場委員会(FOMC)での利上げ確率 を34%として織り込んだ。

30日の市場では独・仏の10年債利回りが上昇。ダンスケ銀行のチー フアナリスト、アラン・フォンメイレン氏は「欧州債は27日以降の米国 の動きに追いつこうとしている。イエレン議長が数カ月内の利上げを示 唆し米国債利回りは上昇した。これが欧州債にも波及している。さら に、前向きなリスクセンチメントが債券相場の重しになっている」と話 した。

ロンドン時間午後4時33分現在、ドイツ10年債利回りは3ベーシス ポイント(bp)上昇の0.17%。2026年2月償還債(表面利率0.5%) の価格は0.28下落の103.21。フランス10年債利回りは3bp上昇 し0.50%。

米国はメモリアルデー、英国は春季バンクホリデーのため休場。

原題:Germany’s Bonds Drop After Yellen Affirms Will to Increase Rates(抜粋)