アジア・太平洋株式サマリー:香港・中国株が上昇-インドは5日続伸

アジア・オセアニア各株式市場の動きは以下の通り。

【中国・香港株式市況】

  30日の香港株式市場では、中国本土株で構成するハンセン中国企業株(H株)指数が約3週間ぶりの高値に上昇。工業と自動車銘柄を中心に値上がりした。本土株と比べて割安なバリュエーション(株価評価)が買い手を呼び込んだ。

  H株指数は前週末比0.3%高の8624.76で終了。一時は0.8%安まで下落していた。ハンセン指数も0.3%高。中国本土の上海総合指数は約0.1%の上げ。前週まで週間ベースで6週連続安と、2012年以来の長期の下げ局面となっていた。CSI300指数も前週末比0.1%高で引けた。

  上海、深圳の両証券取引所は27日、上場企業の自主的な株式売買停止を制限する新たな規則を打ち出した。MSCI指数に中国本土の人民元建て株式A株が採用される可能性を高めることが狙い。

  君康人寿保険の呉侃ファンドマネジャー(上海在勤)は「H株のバリュエーションは本土のA株と比べてかなり割安で、それが一部の機関投資家の買いを誘っている」と分析。「株式の売買停止をめぐる新規則は権利の乱用を抑えることで、中長期的には好材料になる」との見方を示した。

  鉄道車両メーカーの中国中車(1766 HK・601766 CH)は香港市場で1.7%高、上海市場では4.4%高となった。同社は債務返済などに向け最大18億ドル(約2000億円)規模の株式私募発行計画を発表した。自動車メーカーの東風汽車集団(489 HK)は香港市場で4.5%高と、4営業日続伸。

(上海総合指数のグラフ:SHCOMP <Index> GP YTD)
(ハンセン指数のグラフ: HSI <INDEX> GPO)

【インド株式市況】

  30日のインド株式市場では指標のS&P・BSEセンセックスが5営業日続伸し、7カ月ぶり高値となった。企業利益の拡大と株価上昇への期待を背景に買いが続いた。

  石炭生産で世界最大手のコール・インディアは製品値上げを手掛かりに3カ月ぶり大幅高。アルミニウム生産のヒンダルコ・インダストリーズは利益が倍以上に増え、株価は7年で最大の上げ。30日に決算を発表するタタ・モーターズはセンセックス構成銘柄中で最大の上昇率。

  センセックスは前週末比0.3%高の26725.60で引けた。先週は週間ベースで3月以来の大幅上昇だった。
 
(S&P・BSEセンセックスの動向: SENSEX <Index> GPO D)

【オーストラリア株式市況】

  S&P/ASX200指数は前週末比2.10ポイント高の5408.02。

(S&P/ASX200指数のグラフ: AS51 <INDEX> GP)

【韓国株式市況】

  韓国総合株価指数は前週末比0.1%安の1967.13。

(韓国総合株価指数の日中価格グラフ: KOSPI <INDEX> GIP)

【台湾株式市況】

  加権指数は前週末比0.9%高の8535.87。

(台湾加権指数のグラフ: TWSE <INDEX> GP D)