印マルチ・スズキ、株価が大幅安-部品供給業者の火災で生産停止

30日のインド株式市場で、スズキのインド部門マルチ・スズキ・インディアの株価が約2週間ぶりの大きな下げとなった。部品供給業者の工場火災で生産を停止した。

  同社の株価は一時2.2%安と、取引時間中として18日以来の大幅安となった。ムンバイ時間午後3時4分(日本時間同6時34分)現在は1.9%安。

  部品供給業者スブロスの施設での火災のため、マルチ・スズキはマネサールとグルガオンの工場で30日後半から操業を停止している。

  マルチ・スズキとスブロスは被害状況を検証中で、他施設からの部品供給などを探っている。部品が入手可能になり次第、生産を再開するとマルチ・スズキが説明した。

原題:Maruti Plunges After Fire at Supplier Prompts Production Halt(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE