白雪姫が中国企業のテーマパークに登場-ディズニーは権利守ると表明

中国の大連万達集団が週末に国内で開業した新しいテーマパークに、ディズニーのキャラクターである白雪姫やキャプテン・アメリカに扮装(ふんそう)した演者や、カンフー・パンダに似た着ぐるみが登場した。米ウォルト・ディズニーはこれを受けて、知的所有権を守るために行動を起こす用意があると表明した。

  ディズニーキャラクターに似たキャラクターが万達のテーマパークに現れたことについてブルームバーグ・ニュースがコメントを求めたところ、ディズニーは30日、「当社は知的所有権を断固として守り、権利侵害に対処するために行動を起こす」と電子メールで回答した。

  万達集団は28日、江西省南昌にテーマパーク「万達文化旅遊城」をオープン。同社は「万達のものではないキャラクターが、万達のモール内の個々の店舗で活動していた」と説明した。

原題:Disney Vows to Defend Rights as Snow White Appears at Wanda Park(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE