中国人民元、3カ月ぶり安値-中心レート引き下げや米利上げ観測で

更新日時

中国人民元は30日、対ドルで下落。イエレン米連邦準備制度理事会(FRB)議長が先週末に利上げが近いと示唆したことや中国人民銀行(中央銀行)がこの日の人民元中心レートを2011年2月以来の低水準に設定したことで人民元は売られ、5月は月間ベースで切り下げがあった昨年8月以来の大幅安に向かっている。

  上海市場の人民元は現地時間午後4時37分(日本時間同5時37分)現在、前週末比0.26%安の1ドル=6.5823元と、3カ月ぶり安値。月初来の下落率は1.55%に達した。

  人民銀は中心レートを0.45%元安方向の6.5784元に設定した。香港市場でのオフショア人民元は0.21%安の6.5899元と、今年2月3日以来の安値。

原題:Yuan Set for Biggest Monthly Loss Since Devaluation as Fix Cut(抜粋)