レンディングクラブ創業者、元モルガンSのCEOに緊急融資要請した

米インターネット金融サービス会社レンディングクラブの創業者ルノー・ラプランシュ氏は、今年に入って急な資金調達が必要になった際、同社取締役を務める元モルガン・スタンレー最高経営責任者(CEO)ジョン・マック氏に支援を依頼していた。

  当局への先週の届け出によると、ラプランシュ氏は融資の担保としていた自社株が1月に急落して窮地に陥った。事情に詳しい関係者が匿名を条件に語ったところでは、ラプランシュ氏は当座しのぎとしてマック氏から資金を借り入れた。また信託証書によれば、ラプランシュ氏はその後、自身が購入したカリフォルニア州の不動産向けにモルガン・スタンレー側から住宅ローンを借りている。

  今回判明したこれらの融資で、レンディングクラブとマック氏、モルガン・スタンレーの関係に新たな側面が加わった。モルガン・スタンレーは2014年のレンディングクラブの新規株式公開(IPO)時に幹事を務め、レンディングクラブはマック氏の支援を得て事業を拡大させた。

  モルガン・スタンレーの広報担当者ウェスリー・マクデード氏とラプランシュ氏の代理人、レンディングクラブの担当者はいずれも取引についてコメントを控えている。

原題:LendingClub Founder Turned to Mack for Emergency Loan Help (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE