加バリアント、武田薬が率いるグループからの買収打診を拒否-関係者

カナダの特殊医薬品メーカー、バリアント・ファーマシューティカルズ・インターナショナルが約6週間前に武田薬品工業を中心とするグループから買収の打診を受けたと、事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。

  バリアントは打診を拒否し、現在継続中の協議はないという。情報が非公開であることを理由に、同関係者が匿名を条件に語った。バリアント株は27日のニューヨーク市場で一時、前日比9.2%高い29.41ドルを付けた。

  米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)は26日、武田が投資会社TPGと組んで買収を打診していたと報じた。バリアントと武田、TPGの担当者はいずれもコメントを控えた。

原題:Valeant Said to Have Rejected Approach From Takeda-Led Group(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE