NY外為(27日):ドル上昇、イエレンFRB議長が利上げ示唆

更新日時

27日のニューヨーク外国為替市場ではドルが上昇。米連邦準備制度理事会(FRB)のイエレン議長が今後数カ月のうちに追加利上げが適切になり得ると発言したことが、ドル買いを誘った。ドル指数は月間ベースで2014年9月以来の大幅高。

  イエレン議長はハーバード大のイベントで、米経済は低調だった1-3月(第1四半期)の後、「改善が続いている」と発言。ドル指数は2カ月ぶりの高水準に上昇した。議長の発言は、早ければ来月にも利上げを実施する可能性があるとした一連の地区連銀総裁の見解と一致するもので、利上げはドルの相対的な魅力を高める。

  バンク・オブ・ノバスコシアのチーフ為替ストラテジスト、ショーン・オズボーン氏は「金融当局者の間では市場に利上げリスクを認識させる必要があるとの声が高まっている。この結果、ドルは小幅ながら高値を更新した」と述べた。

  フィラデルフィア連銀のハーカー総裁やサンフランシスコ連銀のウィリアムズ総裁が年内2、3回の利上げが可能との見解を示しており、投資家の間で利上げ観測が強まっている。1-3月(第1四半期)の米実質国内総生産(GDP)改定値が速報値から上方修正されるなど米経済指標は力強さを増しており、米国は追加利上げに耐えられるとの見方を裏付けている。

  ニューヨーク時間午後5時現在、ブルームバーグ・ドル・スポット指数は前日比0.5%上昇。3月25日以来の高水準に達した。月初からは3.6%上昇している。ユーロは対ドルで前日比0.7%安の1ユーロ=1.1115ドル。ドルは対円で0.5%上げて1ドル=110円31銭。

  商品先物取引委員会(CFTC)によると、ヘッジファンドや運用担当者による主要8通貨に対するドルの持ち高は6週間ぶりに買い越しに転じた。ドルの買越幅は24日終了週に6万7430枚。前週は1万653枚の売り越しだった。

  金利先物市場が示唆する6月14ー15日の連邦公開市場委員会(FOMC)での利上げ確率は今週、最高で34%まで上昇した。

  アマースト・ピアポント・セキュリティーズのチーフエコノミスト、スティーブン・スタンリー氏は「イエレン議長からきょう発せられた短い言葉は、恐らく他の誰よりも議長の見解が変化し、近く利上げを真剣に検討する方向に傾いていることを示唆している。6月の行動について手の内を明らかにしたわけではないが、そういう目的では6月6日にもスピーチが予定されている」と語った。

  イエレン議長は6月6日にフィラデルフィアでの昼食会で講演する予定。

原題:Dollar Rallies Most Since 2014 as Fed’s Yellen Sees Higher Rates(抜粋)

(第4段落と第6段落以降を追加し、更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE