欧州株(27日):上昇、米景気見通し楽観で-週間では2月来の大幅高

27日の欧州株式相場は上昇。指標のストックス欧州600指数は週間ベースで3週続伸した。イエレン米連邦準備制度理事会(FRB)議長による講演を控え、米国経済には利上げに耐えられるだけの強さがあるとの楽観が高まったことが背景にある。

  ストックス600指数は前日比0.2%高の349.64で取引を終了。前週末比では3.4%上昇し、2月以来の大きな上げとなった。英国と米国が3連休となるのを控え、この日の出来高は30日平均を20%下回った。

  リサーチ・アンド・アセット・マネジメント(チューリヒ)のオットー・バサー投資調査部長は、米利上げの可能性について「市場の準備は出来ており、織り込む時間があった」とし、「米利上げは状況を何ら変えないが、米経済が軌道に乗っているという信頼感を高めるだろう」と語った。

  個別銘柄では、オーストリアの鉄鋼会社フェストアルピーネが2.7%上昇。スイスの製薬会社ロシュ・ホールディングが4%上げるなど、ヘルスケア銘柄も総じて高い。

原題:European Stocks Climb to Post Biggest Weekly Gain Since February(抜粋)