最高のヘッジファンド運用者はチャノス氏-ガンドラック氏が評価

  • チャノス氏は「常に弱気で気難しい」空売り投資家、集団思考避ける
  • イエレンFRB議長は金利にハト派寄りのトーンになる可能性

債券運用者のジェフリー・ガンドラック氏によれば、最高のヘッジファンド運用者はキニコス・アソシエーツの創業者ジム・チャノス氏だ。常に弱気派であり、他の業界関係者が昨年損失を被ることにつながった集団思考を避けるタイプだからだという。

  米ダブルライン・キャピタルの最高経営責任者(CEO)のガンドラック氏は26日にカリフォルニア州ビバリーヒルズで行ったプレゼンテーションで、「世界最高のヘッジファンド運用者はジム・チャノス氏だ」と述べ、「常に弱気派だ。不機嫌で気難しく、始終ものすごく弱気だ」と指摘した。

  ガンドラック氏は空売り投資家として有名なチャノス氏に個人的には投資したいと述べた上で、ウィリアム・アックマン氏やデービッド・アインホーン氏、レオン・クーパーマン氏ら著名運用者が昨年損失を出したのは、モメンタム株からの恩恵を得られなかったためだと付け加えた。

  ガンドラック氏はまた、27日にハーバード大学のグレッグ・マンキュー教授(経済学)との対談を予定するイエレン米連邦準備制度理事会(FRB)議長の発言が「ハト派寄り」のトーンになり、急ピッチな利上げ観測を抑制すると予想した。ブルームバーグの集計した金利先物市場のデータでは、6月半ばの連邦公開市場委員会(FOMC)での利上げ確率は約28%として織り込まれているが、これが50%を超えない限り利上げはないだろうとガンドラック氏は述べた。

原題:DoubleLine’s Gundlach Says Chanos Is Greatest Hedge Fund Manager(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE