新興市場株:上昇、週間でも値上がりの方向-FRB議長講演控え

27日の新興市場株は上昇。MSCI新興市場指数はこのままいけば、週間ベースでは約1カ月ぶりの値上がりとなる。米金利見通しの手掛かりを与える可能性がある連邦準備制度理事会(FRB)のイエレン議長の発言を投資家は見守る構え。

  MSCI新興市場指数は3日続伸。台湾株を中心に買われている。アドバンスト・セミコンダクター・エンジニアリング(日月光)は合併合意を受けて、台北市場で1995年以来の大幅高。台湾株の指標である加権指数は1カ月ぶりの高値に上昇した。フィリピン株や韓国株も高い。一方、香港上場の中国本土株の指標、ハンセン中国企業株(H株)指数は下落。

  MSCI新興市場指数は香港時間午前10時42分(日本時間同11時42分)現在、前日比0.1%高の803.84。先週末の20日からは2.4%上昇。先週は5週続落と、週間ベースで昨年8月以来最長の値下がり局面となっていた。

原題:Emerging Stocks Head for Weekly Advance Before Yellen’s Speech(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE