USスチールなど金属株高い、米商務省が反ダンピング関税の適用決定

26日の米株式市場ではUSスチールやAKスチール・ホールディングを中心に金属メーカー株が買われた。米商務省が亜鉛メッキ炭素鋼板の輸入製品に対し、一部アナリストの予想よりも厳しい反ダンピング(不当廉売)関税を適用する決定を下したことが材料。

  USスチールの26日終値は3.3%高、AKスチールは3.0%高となった。

  米商務省は25日の通常取引終了後に、一部の韓国耐食鋼輸出企業によるさらに大幅なダンピングを認定したと発表。適用税率の上限を仮決定の3.5%から48%に引き上げた。中国企業への同税率は210%と、昨年12月に仮決定した256%を下回った。

原題:U.S. Steel Leads Rally as Investors Cheer Anti-Dumping Measures(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE