金ETFや産金株への投資が再び堅調-マイナス金利時代に突入で

  • ソロス氏ら資産家、産金最大手バリックの利益や配当を重視
  • マイナス金利の局面では金保有が急に理にかなう:ゲール氏

世界の国債の約8兆1000億ドル(約890兆円)相当がマイナス金利となっているこの時期に、金と産金株が再び選好されているのを理解するのは簡単だ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。