米メモリアルデー週末、ガソリン割安で自動車旅行増加へ-チャート

  米国では今週末のメモリアルデー(戦没者追悼記念日)が夏の始まりを告げる。全てが良い兆候を示している。今年のガソリン価格は2005年以来の安値となっており、3日間の連休の旅行者数が増えそうだ。全米自動車協会(AAA)によると、メモリアルデーの週末に旅行をする米国人は3800万人余りと予想され、そのうち自動車を利用した旅行者が約90%を占める見込み。

原題:Cheap Gasoline to Entice Drivers This Holiday Weekend: Chart(抜粋)