OPECの戦略は奏功している-アルジェリアの元エネルギー相

  • 石油メジャーによるプロジェクト中止・棚上げで原油価格は上昇へ
  • 原油価格が70-80ドルに回復すれば米シェール企業が復活する可能性

アルジェリアの元エネルギー・鉱業相、シャキブ・ヘリル氏は、原油市場でシェアを守り、競合する生産者を駆逐する石油輸出国機構(OPEC)のサウジアラビア主導の戦略は奏功しているとの見解を示した。

  ヘリル氏は、石油メジャーがプロジェクトを中止または棚上げしたことを受け、原油価格が1バレル当たり70-80ドルか、それ以上に上昇すると予想。ただ、価格回復により、米国のシェール企業が復活する可能性があるとの見方を示した。

  アルジェでのインタビューで同氏は「市場が安定しつつあるため、この戦略は奏功している。しかし、これからは米国とカナダのシェールオイル生産との競合を考慮する必要がある」と指摘した。

原題:OPEC Strategy Yielding Results, Algeria’s Ex-Oil Minister Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE