伊勢志摩サミット:日本は「クライシス」言及を提案、首脳宣言草案

  • 首脳宣言の経済に関する草案のコピーをブルームバーグが入手
  • 安倍首相は26日、リーマン・ショックを引き合いにリスクを警告

日本政府は主要7カ国(G7)首脳会議(伊勢志摩サミット)で27日採択される首脳宣言の最終版に、世界経済が「危機に陥る」リスクにさらされているとの警告を盛り込むことを求めている。ブルームバーグ・ニュースが入手した草案のコピーで明らかになった。

  同草案には世界経済に関する一章があり、日本が提案した一文が盛り込まれている。これについては26日、首脳の夕食会後に議論される。

  日本が提案しているのは「時宜を得て適切な政策対応を取らなければ、世界経済が通常の景気サイクルを逸脱して、危機に陥るリスクがあることを認識している」との文言。

  草案は「世界の回復は続いているが、成長は緩やかでまだらな状況にとどまっている。世界見通しへの下向きリスクは前回サミット以降に強まった」と指摘。「実質および潜在的な成長への重しになっている主因」として弱い需要や未対応の構造問題を挙げ、テロリズムや難民、地政学的緊張などの非経済的ショックが「世界の経済環境を複雑にする」としている。

  6月に英国で行われる欧州連合(EU)離脱の是非を問う国民投票に関するリスクには言及していない。

原題:Japan Said to Push to Add ‘Crisis’ Language to G-7 Communique(抜粋)