中国レノボ:1-3月利益、予想下回る-スマホ低迷とPC需要減で

  • 純利益は1億8000万ドル-市場予想1億8490万ドル
  • 通期の純損益は1億2800万ドルの赤字-前年は黒字

中国のパソコン(PC)メーカー、レノボ・グループ(聯想集団)の1-3月(第4四半期)決算では、利益が市場予想に届かなかった。スマートフォン事業部門モトローラが低迷したほか、PC市場の縮小が続いている影響を受けた。

  26日の届け出によれば、1-3月期の純利益は1億8000万ドル(約200億円)。ブルームバーグがまとめたアナリストの予想平均では、1億8490万ドルと見込まれていた。売上高は19%減少した。

  レノボは2014年に28億ドルで買収したモトローラの事業立て直しに取り組んでいるものの、中国のスマホ市場でシェアが低下し、世界的に業界も伸び悩み、苦戦している。海外市場を重視し、コスト削減への取り組み強化を進めている。

  通期の純損益は1億2800万ドルの赤字となった。前年は8億2900万ドルの黒字だった。

原題:Lenovo Profit Misses Estimates as Motorola Phones Struggle (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE