アジア株:1週間ぶり高値、エネルギー銘柄高い-原油50ドル台回復で

26日のアジア株式相場は約1週間ぶりの高値に上昇。原油輸出国の通貨も上げている。北海ブレント原油先物が昨年11月以来初めて1バレル=50ドルを上回った。金相場が7週間ぶり安値から反発する一方で、ドルは大半の主要通貨に対して下落した。

  MSCIアジア太平洋指数は日本時間午後0時56分現在、前日比0.4%高。前日は1.5%上昇していた。このままいけば2営業日としてはここ1カ月余りで最大の値上がりとなる。 

  エネルギー銘柄がアジア株の上昇を主導。中国海洋石油(CNOOC)や国際石油開発帝石が高い。

原題:Asian Stocks Extend Global Rally as Oil Regains $50; Yen Climbs(抜粋)