米AT&T:ヤフーのインターネット事業買収に関心-関係者

  • AT&Tはヤフー買収競争で最有力のベライゾンと競う
  • ヤフーの事業売却プロセス、数週間内に決着する-関係者

米通信最大手AT&Tは米ヤフー買収になお関心がある。AT&Tはヤフーに買収案を提示しており、ヤフーの中核部門であるインターネット事業の買収競争に残っている。事情に詳しい複数の関係者が匿名を条件に明らかにした。

  関係者らが4月に述べていたところでは、AT&Tは当初、買収案を提示しないと決定してた。AT&Tはデジタル広告会社YPホールディングスの持ち分を通じてこのプロセスに片足を残していた。YPはヤフーの中核部門からスピンオフされた子会社との統合を提案していたが、YPはもはやこの取引を模索していないと、関係者の1人は話した。

  AT&Tは今回の買収プロセスにおいて、通信会社ベライゾン・コミュニケーションズと正面から争うことになる。ベライゾンはヤフーの買い手候補として最有力とみられてきた。ベライゾンは引き続き最有力候補ではあるが、初回の買収提示額は上位に位置していなかったと、関係者の2人が明らかにした。

  AT&Tとベライゾン、ヤフー、YPの代表者らはコメントを控えた。

原題:AT&T Said to Be Interested in Buying Yahoo’s Internet Business(抜粋)