安倍首相がオバマ米大統領に抗議、沖縄の女性遺棄事件-首脳会談

  • 日本の法制度の下で捜査に全面協力の姿勢-オバマ大統領
  • 日米で協力して沖縄の負担軽減に全力尽くすことで一致-安倍首相

安倍晋三首相は25日夜、主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)開幕に先立って行った日米首脳会談で、沖縄県で米軍関係者が起こした女性遺棄事件について、オバマ大統領に直接強く抗議し再発防止の徹底など厳正な対応を求めた。

  会談後の共同記者発表で安倍首相は、身勝手で卑劣極まりない犯行に強い憤りを覚えると述べた上で、大統領に「日本国民の感情を受け止めてほしいと申し上げた」と語った。

  大統領は沖縄の事件を「悲劇」だと表現し、「心からのお悔やみと深い遺憾の気持ちを示したい」と表明。日本の法制度の下で「正義がもたらされるよう米国は捜査に全面的な協力を続ける意向だ」と述べ、捜査に全面的に協力する姿勢を示した。

  安倍首相は沖縄の米軍再編について、「沖縄の気持ちに寄り添わないと前に進められない」と述べた上で、日米で協力して沖縄の負担軽減に全力を尽くすことで一致したと語った。その上で、沖縄県民の安全安心を確保する手段検討を菅義偉官房長官に指示したことを明らかにした。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE