米ティファニー:2-4月は売上高が予想下回る-旅行者の需要低調

高級宝飾品小売り大手、米ティファニーの2-4月(第1四半期)決算では、売上高がアナリスト予想に届かなかった。旅行者からの需要が低調だった。

  同社の25日の発表によると、売上高は前年同期比7.4%減の8億9130万ドル(約982億円)。アナリスト予想の平均は9億1500万ドルだった。利益は1株当たり69セント、税効果を除いたベースでは同64セント。アナリスト予想は68セントだった。

  コーウェンのアナリスト、オリバー・チェン氏によれば、ティファニーでは米売上高全体の25%余り、ニューヨーク5番街の旗艦店売上高の40%を、海外からの旅行者による購入が占めている。

原題:Tiffany Sales Trail Estimates on Weaker Demand From Tourists (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE