インドはアップルに現地調達求める、直営店開設の条件-関係者

更新日時
  • 印財務相が部品の30%を現地調達するよう求めると決定-関係者
  • モディ首相の介入があれば財務相の決定は覆る可能性がある

インドのジャイトリー財務相は、米アップルが直営店をインドで開設するならば部品の一定割合を現地調達しなければならないとしたインド外国投資促進委員会(FIPB)の決定を支持する判断を下した。事情に詳しい関係者が非公開情報だとして匿名を条件に明らかにした。アップルのインド直営店開設計画が頓挫する可能性がある。

  関係者によれば、FIPBはアップルに部品の30%を現地調達することを求めた。アップルは現在、大半の製造を中国で行っており、現在この条件を満たすことができない。同社のティム・クック最高経営責任者(CEO)は先週、インド市場の展望に期待し同国を訪れていた。インドは世界で最も急ペースで拡大するスマートフォン市場となっており、向こう5年間で10億台のスマホ販売が見込まれる。しかし消費者の間では韓国サムスン電子や印マイクロマックス・インフォマティクスなどの比較的低価格のスマホの人気が高く、アップルのシェアは小さい。

  カウンターポイントの調査ディレクター、ニール・シャー氏は「インド政府の決定はアップルにかなり深刻な影響を及ぼすだろう」と指摘。「アップルは通常、部品調達から販売場所まで『iPhone(アイフォーン)』の価値連鎖の全てを管理しようとする。完全な管理が戦略上重要だった」と説明した。

  ジャイトリー財務相の決定は今後、覆される可能性があるが、それにはモディ首相の介入が必要となる見込み。

  財務省のD・S・マリク報道官に取材を試みているが、今のところ接触できていない。アップルは電子メールでのコメント要請に応じていない。

原題:India Said to Require Local Sourcing by Apple to Open Stores (3)(抜粋)