大手銀行のスワップ規制逃れ対策を強化-米CFTCが行動起こす

米商品先物取引委員会(CFTC)は、大手銀行が一部のスワップ取引を海外に移すことで金融規制改革法(ドッド・フランク法)の規制を逃れている実態への対応を進めている。

  24日発表の声明によれば、CFTCは銀行の海外部門が米国の担保規定に従う必要がある環境を拡大する規定の最終承認を2対1で決定した。ウォール街の一部大手スワップディーラーが海外で計上された一部取引の保証をやめたことを受け、CFTCが行動を起こした。

  マサードCFTC委員長は記者団との電話会見で、「世界スワップ市場の相互接続という特性が意味するのは、世界中で発生したリスクが米国に逆流する可能性があるということだ」と述べた。業界は9月1日までに従う必要がある。

原題:U.S. Banks Face Crackdown on Overseas Trades That Dodge Law (1)(抜粋)