香港株:6週間ぶり大幅高、不動産銘柄高い-米住宅販売増加を好感

更新日時
  • ペトロチャイナや長江実業地産が買われる
  • 中国本土市場で上海総合指数は0.2%安

25日の香港株式相場は6週間ぶりの大幅高。不動産株やエネルギー銘柄を中心に買われた。4月の米新築住宅販売増加を受けて、米経済が利上げに耐えられるとの観測が広がった。

  ハンセン指数は続伸し、前日比2.7%高の20368.05で終了。中国本土株で構成されるハンセン中国企業株(H株)指数は2.8%高で引けた。

  原油価格が1バレル=50ドルに近づく中で、中国最大のエネルギー会社ペトロチャイナ(中国石油、857 HK)は4月半ば以来の大幅な上げとなった。資産家の李嘉誠氏が率いる不動産開発会社、長江実業地産(1113 HK)は2週間ぶりの高値を付けた。

  交銀国際の中国担当チーフストラテジスト、洪灝氏(香港在勤)は、香港株の上昇について「米新築住宅販売が大きく予想を上回ったことを受けたショートカバーが原因だ」と指摘。「ファンダメンタルズ(経済の基礎的諸条件)の改善を伴わないショートカバーによる反発は相場の好転とは言い難い」と述べた。

  中国本土市場では上海総合指数が続落し、前日比0.2%安で終了。燃料価格の反発で利益が損なわれる可能性があるとの見方から航空株を中心に売られた。吉祥航空(603885 CH)は9%下げ、中国南方航空(600029 CH)は4.6%安。

原題:Hong Kong’s Stocks Rally Most in Six Weeks as Developers Climb(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE