ヘッジファンド、過去最長の42週連続で小麦価格下落を予想-チャート

  小麦の供給過剰はますます膨らみ、価格が下落するとの見方が続いている。ヘッジファンドなど資産運用会社は42週連続で小麦価格の下落を見込んでいる。これは、米商品先物取引委員会(CFTC)のここほぼ10年のデータに基づけば最長だ。今シーズンの世界の小麦在庫が3年連続で増加すると予測されているためで、投機家が値上がりを見込んでいるトウモロコシや大豆とは対照的だ。

原題:Hedge Funds Have Never Been This Turned Off by Wheat: Chart(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE