米ゴールドマン、PE投資会社への出資に向け資金調達-関係者

  • 当初はファンド「ピーターシルII」を通じて出資する計画
  • 大・中規模のPE会社への出資を目指す

ゴールドマン・サックス・グループの資産運用部門は、プライベートエクイティ(PE、未公開株)投資会社に出資するために資金調達を進めている。富裕層顧客向けに代替戦略の利用を拡大することが狙い。この計画について説明を受けた関係者1人が明らかにした。

  資金調達や私募取引に関する情報であることを理由に匿名を条件に語った同関係者によると、ゴールドマンは当初、ファンド「ピーターシルII」を通じて株式取得を行う計画。同ファンドは約15億ドル(約1650億円)を調達し、主にヘッジファンド運用会社に出資してきた。

  同関係者によると、ゴールドマンは世界中で幅広い戦略を採用する大・中規模のPE会社への出資を目指す方針だ。同行は今後、同様の出資のために新たにファンドを開設する見込み。

  ゴールドマンの今回の計画については米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)が24日に先に報じていた。

原題:Goldman Said Raising Funds to Buy Stakes in Private-Equity Firms(抜粋)