ティファニーの粗利益に輝く好材料、ダイヤが値下がり-チャート

  為替相場の変動と観光客による支出減少でティファニーは苦戦している。しかし、同社が販売する宝飾品のように輝く好材料がある。それは、ダイヤモンド価格の下落だ。これにより既に同社の粗利益は増加しており、25日の通常取引開始前に発表される予定の同社の2-4月(第1四半期)決算は、純利益が1株当たりほぼ68セントになると予想されている。

原題:Tiffany’s Gross Margins Find Bright Spot in Raw Materials:Chart(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE