NY外為:ドル上昇、対ユーロで2カ月ぶり高値-米利上げ観測で

更新日時

24日のニューヨーク外国為替市場ではドルが対ユーロで上昇し、2カ月ぶりの高値となった。米国で早ければ来月にも政策金利が引き上げられるとの観測が強まり、ドル買いが膨らんだ。

  ドルは主要通貨の大半に対して上昇した。フィラデルフィア連銀のハーカー総裁は23日、年内に2、3回の利上げを予測できると述べ、サンフランシスコ連銀のウィリアムズ総裁と同様の見解を示した。金利先物市場の動向によると、連邦公開市場委員会(FOMC)が7月の会合までに利上げを実施する確率が3月以降で初めて50%を超えた。

  米金融当局者が相次いで引き締めの可能性を示唆しているため、米国外の金融政策との違いからドル建て資産が恩恵を受けるとの見方が強まり、ドルは押し上げられている。米国以外では金融緩和が維持あるいは拡大している。金利先物市場は欧州中央銀行(ECB)が年内に中銀預金金利を引き下げる確率を40%と示唆している。

  スタンダードチャータードの為替ストラテジスト、アイメア・デーリー氏(ロンドン在勤)は「6月か7月の利上げへの期待が市場で強まっており、ドルに力強さが戻っている。市場は金融政策の違いにかなり固執している」と指摘した。

  ニューヨーク時間午後5時現在、ドルは対ユーロで前日比0.7%高の1ユーロ=1.1141ドルと、3月15日以来の高値。対円でも0.7%上げて1ドル=109円99銭。主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は0.3%上昇。

  JPモルガン・チェースの指数によれば、主要7カ国の通貨のボラティリティは2カ月ぶりの低水準になっている。

  ドルは上昇局面に入る前、2013年以降で最も長い下落基調にあった。ドルは1月中旬から5月上旬にかけて8%余り下落し、金融政策の違いに着目した取引は終わったのではないかとの見方が浮上していた。しかし、米当局者が今後数カ月以内の利上げを示唆したため、同取引が復活している。

  ミレニアム・グローバルのマネーマネジャー、リチャード・ベンソン氏は「FOMCは6カ月で2度目の利上げに向けて潮目にあるが、市場の利上げの織り込み具合は低い」と述べた。

  
原題:Dollar Rises to Two-Month High on Fed Rate-Increase Speculation(抜粋)

(第6段落以降を追加し、更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE